Sergio Mendes / セルジオ・メンデス - 100BossaNova.com

Sergio Mendes / セルジオ・メンデス
Biography

セルジオ・サントス・メンデス(Sérgio Santos Mendes、1941年2月11日 – )は、ブラジルのミュージシャン。「マシュ・ケ・ナダ」などの楽曲で知られる。

 ・ Spotify : Sergio Mendes / セルジオ・メンデス

Sergio Mendes / セルジオ・メンデスの活躍

1941年ブラジル南部、リオデジャネイロ州リオデジャネイロ市近郊のニテロイで生まれる。幼少の頃からリオ市内の音楽学校でクラシック・ピアノを学ぶなど、恵まれた環境で音楽の基礎を身に着ける。

1950年代後半にジャズ、そしてアントニオ・カルロス・ジョビンやジョアン・ジルベルトの影響を受けボサノヴァに移行し、彼らを誘って国内外で活躍するようになる。
1962年に「ヴォサ・リオ・セクステット」を結成。1965年にはアメリカに活動の場を移し、ジョビンやジルベルトとともに、1960年代中盤から後半にかけて巻き起こった世界的なボサノヴァ・ブームの推進役を務める。
1966年に発表した「Sergio Mendes & Brasil ’66」とその中に収められた「Mas Que Nada(マシュ・ケ・ナダ)」のアレンジが世界的大ヒットし、日本を含む世界中にその名を轟かす。

その後も、ビートルズの「フール・オン・ザ・ヒル」や「デイ・トリッパー」といった曲をボサノヴァ風にアレンジしたカヴァーなど、欧米の音楽市場にとって親しみやすいボサノヴァをつくり、世界中での支持につながった。1970年の大阪万国博覧会でのライブなど、来日公演の経験も多数ある。近年では、2006年と2008年に来日公演を行っている。

2006年に発表されたアルバム「Timeless」では、スティーヴィー・ワンダーやブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アム、ジル・スコットら大御所とのコラボレーションを実現し、世界的なヒットで話題を呼んだ。

Sergio Mendes / セルジオ・メンデスのアルバム

 ・ Timeless
 ・ Definite Collection
 ・ Best Of Sergio Mendes
 ・ Swinger From Rio
 ・ Fool On The Hill ・ Bossa Nova York
 ・ Look Around/恋のおもかげ
 ・ Live At The Expo 70
 ・ Equinox
 ・ Great Arrival / Beat Of Brazil
 ・ Brasileiro
 ・ Minha Historia
 ・ Look Around
 ・ Vintage ’74
 ・ Mas Que Nada
 ・ Pure Bossa Nova