Stan Getz / スタン・ゲッツ - 100BossaNova.com

Stan Getz / スタン・ゲッツ
Biography

スタン・ゲッツ(Stan Getz、1927年2月2日 – 1991年6月6日)は、アメリカのサックス奏者。本名はスタンリー・ゲイツキー(Stanley Gayetzky)。

1961年にアメリカに帰国し、当時注目されていたブラジル音楽のボサノヴァを採り入れたアルバム『ジャズ・サンバ』をチャーリー・バードと共に録音。それによってジャズ界におけるボサノヴァ奏者の第一人者としての評価を得る。1963年にはジョアン・ジルベルト、アントニオ・カルロス・ジョビンと共に『ゲッツ/ジルベルト』を録音し、グラミー賞4部門を独占する大ヒットとなる。

 ・ Spotify : Stan Getz / スタン・ゲッツ

1970年代になると、当時の流行であったフュージョンも取り入れ、1972年にはリターン・トゥ・フォーエヴァーのチック・コリアやスタンリー・クラークを従えたアルバム『キャプテン・マーヴェル』を発表。
1988年には、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのアルバムである『スモール・ワールド』にサックスのソロでゲスト演奏をしている。
その後、麻薬に代わってアルコール依存に悩まされつつも演奏活動を精力的に続け、癌との闘病生活を続けた末に1991年6月6日肝臓癌により亡くなった。